スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今さら・・・

インフルにかかってしまいました・・・

ちょっと前から不調で通院したんですケド、

どうにも体が痛いのと、微熱が続いて

良くなる気配がないので、今日再度通院してインフルの検査してもらったら

即反応が出ちゃいました・・・


なんとか毎日ブログの更新心がけてたんですケド・・・


そんなわけで、解熱剤が効いてる間にちょこっと書き込んでみちゃいました。


スポンサーサイト

ケース


今回はちょっと変わったトコロで、ギターケースを・・・


ギターケースって意外とカタログに載ってなかったり、

そんなにピックアップされる事がないみたいで、

ギターを買って初めてこんなケースに入ってるんだー、

って事多いみたですね。


なワケで、ほんのちょこっとだけアップしてみます。

まずはアコースティックでギブソンのJ-45です。

DSC03087.jpg

意外とシンプルでオーソドックスなカンジ・・・

ギブソンってゆーとレスポールのケースをイメージしてたので

買った時にはかなりびっくりしちゃいました。

・・・そんなにレスポールと値段変わんないんですケドねー・・・




次はOVATIONです。

ハードケースのカバーと、
DSC03091.jpg

ハードケースです。
DSC03093.jpg

カバーは別売りだったかも・・・


確かオべーションってケースとかプリアンプとか、

ギター本体の価格とか関係なく共用してる事が多かったような・・・

そもそも結構いいケースです。


・・・興味のある人いてくれればいーんですケド・・・

ごくごくプライベートなおはなし ~なぜに正宗~


今回はタイトル通りすっごいプライベートなハナシです。


数年前から『料理』が趣味のひとつにラインナップされたんです。


で、ちょこちょこいい感じのキッチングッズをそろえてるんですケド、

香辛料の入れ物をそろえたのでアップしちゃいます。

DSC03118.jpg

とはいえ、まだまだ中身はオーソドックスなのだけで・・・

んーと、バジル・唐辛子・パセリ・岩塩・黒胡椒・白胡椒・・・こんなとこです。


だんだん香辛料関係、新しいのにチャレンジしてみたくなってきてます。


・・・・でも、香辛料だけじゃなんなんで、手前に包丁置いてみました。

これがなかなかの逸品で・・・なんと正宗!

DSC03120.jpg

とはいえ、もちろん五郎入道正宗ではなく、

その子孫、刀匠正宗二十四代孫綱廣という方の作です。


造りは汎用性重視の牛刀ですが、ちゃんとまめに研いでさえいれば

ものすっごい斬れちゃいます。


しかも刀匠の方が打った包丁にしてはリーズナブルな方かと・・・

鎌倉で正宗工芸美術製作所というお店を営んでおられてて、

全国発送もしてたので、それを購入。


そのうち直接お店の方に行ってみたいともくろんでたりします。

冬に思ふ・・・

今回はふと思ったコトを・・・


比較的寒い地方在住なので、冬季の暖房の使用機会も多いんです。

ウチはメインを蓄熱式暖房を使ってるんですが、

ほんのりした温かさなので、気温が氷点下いっちゃう12~2月くらいの期間は

ファンヒーターを兼用してます。


前置きが長くなっちゃいましたが、今回はそのファンヒーターについてです。

数年前と比べるとファンヒーター作ってるメーカーさんがだいぶ減っちゃいましたが、

ウチのも、今はファンヒーター作ってないシャープ製です。

DSC03122.jpg

でもコレ、今のファンヒーターにはない大きなメリットが・・・


給油口が上に付いてるんです。

そのまま持ち上げて、そのまま置くだけ。

上下逆にしなくても給油できちゃう。

DSC03123.jpg




今はどこのメーカーさんも給油時に汚れにくい工夫をしてるみたいですケド

結構うまくいかないコト多いんですよねー。


このシャープのシステムが気に入って、

中古で買ったりはしてたんですケド、

そもそも5年以上前のモデルなので・・・


似たようなヤツどこかのメーカーさんで作ってくれないかなー・・・

・・・ってゆー希望でした。

チャーム④

またまたクロスチャームです。

DSC02639.jpg

DSC02638.jpg

2色共にアクリル製のクロスにメタルクロスが付いてます。

赤の方は真鍮古美に赤のクリアパーツが11個も入ってます。ものすごく見ずらいですが・・・

黒の方はゴールドに透明のクリアパーツが同じく11個。


サイズは約39(43)×27×7mm、ちょっと大きめでしょうか。


とても気に入ってるチャームなんですケド、

残念ながら廃盤らしく、現在仕入れができなくなってまして・・・

在庫限りになっちゃってます。


DSC03127.jpg

【栞】 ブックマーカー ~付属ケース~

ブックマーカーのケース・・・なんですケド、

現在は通常のクリアケースとなっております。

こんなのデス。
DSC03044.jpg

中の台紙もオリジナルハンドメイド(笑)です。


え・と、実はちょっと前までブックマーカーはちょっと豪華なケースが

ついてたんです。

が、先日の値下げ断行でクリアケースになっちゃいました。


ちょっと豪華なケースってこんなの。
DSC03034.jpg

ちなみにこのケース、現在はCROSS ARTSの品2点以上お買い上げの方への

特典となっております。


・・・とはいえ、融通が利かなくなっちゃうのもイヤなので、

ご相談頂ければ、色々と・・・単品仕入れのケースなんかもありますし・・・

chef'n ソルト&ペッパーミル


最近ちょこっと話題が単調になりがちだったので

突然、脈絡のないジャンルをぶち込んじゃいますねー。


ジャンルはキッチングッズで、

chef'n(シェフィン)ってゆーメーカーさんのソルト&ペッパーミルです。


まずはとりあえず画像を・・・

DSC03110.jpg

デュアルグラインダーっていうソルト&ペッパーミルです。


そもそもchef'n(シェフィン)って、

デザインとか機能性に定評のあるメーカーさんなのですが、

特にこのデュアルグラインダー、意外とありそでなかった機能が・・・

塩・胡椒がひとつのグラインダーで、しかも片手で挽けちゃう、・・・


上部の黒いハンドル部分を回転させることで塩と胡椒を切り替えます。


実際の使用感としては一回の挽き量は若干少なめなカンジ、

荒さの調整もできるようになってますが、それほど大きな差はつかないようです。


それでも2in1の機能性とデザイン性は補って余りあるほどかと・・・


ただchef'nのサイトを見ると、ラインナップに入っていないので、

生産か販売の終了なんでしょうか?


心配なので今のうちに何個か買い置きを検討中です。



もう一個いっちゃいます。

同じくchef'nでOlle Due Pepper Grinderっていーます。

DSC03113.jpg

こちらは単純に片手で挽けるペッパーミルです。


上記のデュアルグラインダーとの違いなんですが、


まずは日本国内では正規販売されていないらしく、

並行輸入での購入・・・とはいえamazonで割と普通に購入できちゃうんですケド。


機能的には、下の黒い部分を回すと挽く荒さの調整ができるんですが

デュアルグラインダーと比べるとかなり調整できます。


あとは見た通り結構な量が入るので詰め替えの手間は少なくって済みます。


ただ持ち手の透明部分(ガリガリやる部分)が細めで

ちょっと手が痛いので、

こうじゃなくって・・・
DSC03114.jpg

こう・・・
DSC03115.jpg

・・・持った方が良さそうです。


ちなみにウチでは、ペッパーミルに白胡椒、

デュアルグラインダーに岩塩と黒胡椒、って感じで使い分けてます。

チャーム③

まだまだチャームの種類があるので

今回はどんどんアップしちゃいます。


まずはドクロ・クロス、

DSC02631.jpg

サイズは29×16㎜です。

結構人気のあるチャームで、自分用としても使用中だったりします。

DSC02405.jpg

こんなの。



次にスカル&ボーンクロス、

DSC02633.jpg

サイズは23×18㎜。

こちらもなかなかいい感じのチャーム。



次は割とオーソドックスなクロス、

DSC02635.jpg

サイズは29×18㎜。

ストラップにブックマーカーに高頻度で使っているチャームです。




次はちょっと変わったスカル、

DSC02634.jpg

なんか輪郭が変ですケド、

アゴがカクカク動きます。

サイズは16×9㎜。



今回最後はエンジェルハート、

DSC02632.jpg

サイズは20×17×2㎜で、

こちらもかなり人気の高いチャームです。

もちろん自分用としても使用中。

こんな感じです。

DSC02439.jpg




販売を行っている頻度も高いので

よろしければご覧になって頂ければ幸いです。




以下のリンクよりご覧頂けます。


minne様CROSS ARTZ 


iichi様CROSS ARTZ

追記 ベースアンプ 【 LINE6 LOW DOWN LD150 】

ちょっと前にアップしたベースアンプのLINE6 の LOW DOWN LD150 ですが、

ちょこっと書き忘れがあったので、追記しちゃいます。


このモデル、ちょっといい感じのフットコントローラーが付属になってるんです。

こんなの・・・

DSC02881.jpg

・・・です。


これ、あらかじめ本体に設定してある4つのプログラムチャンネルを呼び出す

フットスイッチとボリュームペダルなんですケド、


ボリュームペダルがワウペダルににもなるという・・・

・・・うん、あんまり使う機能じゃないかもですけど、結構いいですよ。

使いたくもなっちゃうし。


あとは本体の方に付いてるチューナーのインジケーターも付いてます。

本体のみだと見難いのでちょっと便利になります。

【栞】こだわりブックマーカー ―オリジナリティ探求― 2


今更なんですケド・・・

CROSS ARTZ のブックマーカー(しおり)って、

A5のシステム手帳用となってましたが・・・

・・・はい。別にそれ以外のモノにも結構使えました・・・


自分用として長らく手帳用に使ってたので、

まっっったく気づきませんでした・・・


そんなワケでいろんな使い方を考えてみました。

DSC03059.jpg

上段左より文庫本・コミックス・コミックス大

下段はハードカバーの各種サイズです。


まずは文庫本。

DSC03078.jpg
DSC03080.jpg

ん~、ちょっと多めに余りますね。

でも思ってたよりはイケそうです。



次にコミックス2種、

DSC03077.jpg
DSC03072.jpg



ちょっと余るんですケド、

なんかかえって、個性的なブックマーカーが主張されてるってゆーか・・・

・・・うん。思ってたよりよさそうです。



ハードカバーは・・・

DSC03065.jpg
DSC03066.jpg
DSC03068.jpg


・・・いい感じ。

一番下の大きめの本に、短めのブックマーカー(栞部分21㎝)がギリギリのサイズでした。


開くとこんなカンジ。
DSC03061.jpg




・・・思いあまってダウジングなんかもやっちゃう・・・

DSC03083.jpg

・・・ロト6には長いかも(笑)




現行のモデルは、この部分の長さが21~25㎝ほどなので

それ以内のサイズになら何かと使えそう・・・


もちろんセミオーダーならサイズの方、ある程度自由に指定頂けます。


ちなみにCROSS ARTZのセミオーダー、

既製品と同じ価格でOKだったりします。

チャーム②


引き続きチャームをアップしちゃいます。

DSC02625.jpg
DSC02626.jpg

スカルの2色、銀古美とロジウムです。

どちらも左目に透明のパーツがワンポイント入ってます。

サイズは約15(18)×12×5mm。


お気に入りのパーツで、ブックマーカーとしてセルフ使用もしてたりします。




次にちょっと変わったチャーム、

DSC02627.jpg
DSC02629.jpg

ユニコーンと羽根の生えた女性、ドラゴンレディというらしいです。

どちらもだいたい20×20㎜くらいのサイズです。

セミオーダーでの使用がメインです。



もういっこ、

DSC02630.jpg

ハートインローズ。

他のパーツに比べると若干大きめのサイズで24×19×4㎜くらい。


ちょっとソフトめな素材で10個仕入れた内の4個は

使用に耐えられなそうだったので、泣く泣く廃棄に・・・

・・・いえ、一個だけはディスプレイ用にしてますケドも・・・



種類だけはまだまだあるので、次回以降もちらほら続きます。

チャーム①

今回は各種アクセサリーに使っている

チャーム部分の紹介をしちゃいます。

種類がちょこっと多いので何回かに分けようと思ってます。


まずはズラっと、

DSC02622.jpg

出番の多いクロスです。

カラーはガンメタ。

中心部の黒が目を引きますが、

実は4隅にも透明のパーツが入っており、

上部と左右に2個ずつ、下隅部には4個のパーツが・・・

中々芸の細かいクロスです。

ちなみにサイズは約32(35)×26×4mm。


次は色違いバージョンです。

DSC02623.jpg

真鍮古美という色です。

こちらは中心部も透明のパーツ、

4隅のパーツが、ガンメタ色よりも

より目立つ仕上げになってます。



こちらは一番使用頻度の高いモデルの2色です。

DSC02637.jpg
DSC02636.jpg

ガンメタには中心と4隅に黒パーツ、

真鍮古美には透明パーツがポイントとなってます。


スリムで綺麗なシルエットではありますが、

その分若干変形しやすく弱めになっています。

サイズは約26(28.5)×20.5×4mm。


お気に入りのパーツだったんですが、

残念ながら廃盤らしく、現在仕入れができなくなってしまいました。


各販売サイト出品分のみ在庫のとなってしまったので

お求めの際はご注意くださいませ・・・

【根付】ストラップ ~付属ケース~


CROSS ARTZ 各種アクセサリー、

現在2サイトにて販売を行っておりますが、

そちらで紹介しきれない部分等、多々あるので

こちらにアップしていきたいと思います。


まずは付属のケースです。

【根付】ストラップ 用

クリアケースと、
DSC03044.jpg

アクリルケース。
DSC03041.jpg

アクリルケースには外箱も、

DSC03036.jpg

どちらも残念ながらメール便にギリギリ入らないサイズです。
(クリアケースの方、若干つぶし気味だとメール便に入ります)


ちなみに作品が入ると、

DSC02518.jpg


DSC03040.jpg

アクリルケースの方は、ちょっと窮屈なカンジで入ってます。

どちらもちょこっとだけ自作(改良)してます。


随時、より良いケースにしたいと思っているので

変更ごとにアップしていきます。




以下リンク、販売しているサイトになります。

お時間のある時にでも、ご覧になって頂ければ幸いです。

minne様サイトCROSS ARTZ 

iichi様サイトCROSS ARTZ

【 BROMPTON M3L 】 ⑦ ~フロントキャリアシステム~


今回はブロンプトンの特徴のひとつ、

フロントキャリアシステムです。


オプションのフロントキャリアブロックってのを付けると

DSC03001.jpg

専用のバッグとかキャリアが、簡単に取り外しできちゃう上に、

折りたたんでも、そのまま持ち運びできちゃうスグレモノです。


普段はこんなカンジ。

DSC03018.jpg

DSC03019.jpg

折りたたむとこう。

DSC03014.jpg
DSC03015.jpg

このままコロコロ運べます。



こんなカバンを付けてます。

DSC03021.jpg


ベルトが間に合わせのモノで、カッコ良くないので

目下全力で探索中です。


ちなみにこのキャリア、純正のモノの幅を縮めてある変わり種。

自分で改造した訳じゃないんですが、

どこで買ったか度忘れしちゃいました・・・

セキュリティーグッズ


今回は、ブロンプトンからちょこっと逸れて、

駐輪時の必需品、セキュリティーグッズです。


っていっても、3つしか持ってないんですが・・・


まず、1つめはオーソドックスなタイプで、こんなの。

DSC02986.jpg

tateっていうメーカーさんのロックで

一見オーソドックスな感じがしますが、

かなり太くて重い・・・800gほどあります。


真ん中にある四角いのは着せ替え用のカバーです。


コレの特徴・・・鍵と暗証ダイヤルのハイブリッド・・・どちらでもイケちゃいます。

DSC02977.jpg


気になる中身はこんな。

DSC02989.jpg

簡単に切れなそうだけど、しなやかでもない・・・

安心感重視のロックですね。



次はこんなの。

DSC02983.jpg

Master Lock っていうメーカーさんのです。


丈夫そうだし、カッコよかったので買ってみたんですが・・・

・・・まー、重い!・・・1.4㎏くらいあります。


ギターのハードケースに付けといてもカッコいいいかと思ってたんですケド、

・・・いやいやそんな重さじゃないですよ。


ロックとしての機能は良い方だと思うんですが、

走る時に置き場に困っちゃってるんですよねー。


専用ホルダーでもあるといーんですケド・・・




最後にもう一個。

DSC03012.jpg

これはおまけです。

細いワイヤーなんで、鍵を複数つける用です。

小型で見た目もいい感じ・・・なにかと重宝してます。



・・・いろいろ使ってて思うんですケド、

こんな鍵付けないと自転車ひとつ置いとけないってのも、

なーんか残念ですねー。

【 BROMPTON M3L 】 ⑥ ~2011年モデル~


今回もパーツなんですケド、

もともとの付属品の紹介です。


ちなみにウチのブロンプトン、2011年モデルです。


・・・とはいえ、年式ごとの違いには詳しくないので、

もしかしたら購入店による違い等もあるかもデス。


まずはリアのライト、反射板です。

DSC03007.jpg

ちょっといいカンジのが付いてました。

ボタンを押すごとに、点滅・点灯・消灯に切り替わります。

光るのはこの部分です。

DSC03004.jpg



今度はフロントのライトです。

DSC03003.jpg

白のLED3灯で、ボタンを押すごとに、点滅・点灯・消灯に切り替わります。

こちらは、リアのライトと違いBROMPTNの表記がないので、

販売店によって違うのかも・・・


ちなみにフロントには反射板もついてました。

DSC03001.jpg

リアにはこんなのも付いてます。

DSC02846.jpg

エアポンプ。



あとはハンドルまわりの、ベルとギア切替レバーです。

DSC03010.jpg

ベルは必要最低限って感じですが、機能的にも見た目的にも邪魔にならず、

ギアの方は樹脂製で、見た目ちょっと壊れそうなカンジがしないでもないんデスが、

通常使用ではまずダイジョブだと思います。


他の部分・・・各パーツにおいても、それなりの価格帯の自転車だけあって、

素人目にもちょっといい部品使ってるのは分かる・・・ような気もします。

【 BROMPTON M3L 】 ⑤ ~カスタムパーツ~

今回もカスタムパーツなんですケド、

ちょっとわかりにくいアイテムです。


ぶっちゃけ、いつもはあんまり専門的な知識やマニアックな情報には偏らないように

心がけてたりもするんですが、

今回のコレだけはブロンプトンのユーザーさんにしか伝わらないかもしれないデス。



で、そのパーツなんですけど、

これ。

DSC02844.jpg

フィンガークランプっていいます。

加茂屋さんのブロンプトンフィンガークランプってゆーヤツです。



ブロンプトンって2箇所だけレバーをくるくる回して止め外しするトコロがあるんです。

その部分・・折りたたまる2個のパーツを挟むクランプが、

純正品だとレバーと一緒にくるくる回っちゃって挟む時ちょっとメンドクサイ・・・


で、このアイテムなんですけど、

まず、挟む部分の高さを変えて、さらにバネで押し上げます。

DSC02966.jpg


これでクランプ自体が回転せずに、片手でレバーだけをくるくるできる、っていうスグレモノです。

これで折りたたみの時間が2~3秒くらいは短縮になる・・・でしょうか?


・・・うん、なんのこっちゃってカンジでしょうか?

わかりにくいですね・・・以後気をつける・・・かもしれないです。



ごく一部の方に向けた情報でした。

【 CROSS ARTZ 】 アクセサリーの販売について

このたび、とある方からのご要望により、

CROSS ARTZ としてオリジナルのアクセサリーを

販売しているサイトのご紹介をさせて頂ければと思います。


minne様 並びに iichi様 といった2サイトにて

極少量ではございますが、販売を行っております。


商売としての販売というより、製作方法やオリジナルデザイン等へのこだわりに

力を入れている事の、『紹介』としての側面が強かった為、

なかなか価格を抑える事ができずに心苦しい思いをしてまいりましたが、

とある方のご協力により、できる限り価格を抑える事と相成りました。


まだまだお手頃とは言い難い価格の上、

いつまで価格を維持できるかも不明な状態ではございますが、

できる限り維持、努力してまいりたいと考えております。


極少量の作品ではございますが、この機会により多くの方々に

手にして頂くきっかけになれればと思います。


CROSS ARTZ
adamasmaster



以下のリンクよりご覧頂けます。


minne様CROSS ARTZ 


iichi様CROSS ARTZ

【 BROMPTON M3L 】 ④ ~カスタムパーツ~


今回もカスタムパーツについてデス。

なーんか前回から地味なパーツばっかりなので、

今回は見た目に変化のあるトコロからいきます。

まずはグリップ。

DSC02849.jpg

ブルックスってゆーメーカーさんのグリップです。

サドルとかバッグをメインで作ってるイギリスののメーカーさんみたいです。

こーんな箱に入ってます。

DSC02972.jpg

結構太めのグリップです・・・手の大きいヒト向けかも・・・

こーんな輪っかを何個か挟んで長さを調整してあります。

DSC02975.jpg

折りたたんだ時地面にこすらない程度の長さに・・・

DSC02968.jpg

・・・あんまりこの自転車向きじゃないのかなぁ?・・・いえいえ、見た目見た目。

見た目の雰囲気重視ですよ。けっこー気に入ってます。



次にコレ。

純正クロスバーとサイクルコンピューター。

DSC02848.jpg

サイクルコンピューター付けるためにクロスバーを付けました。


このクロスバー、グリップとかブレーキを外さずに取り付けできるスグレモノなんです。

・・・なんですケド・・・なーんかイメージが合わないような気がしてるんですよねー。

ただの自分の好みだけのハナシなんですけど・・・


サイクルコンピューターの方はユピテルのハンディGPSレシーバー ATLAS ASG-15 ってゆーのです。

これはなかなかおもしろいです。


機能としては、スピードメーター(現在/平均/最高)、距離計、勾配、

高度(現在/過去/最高)、時刻、方位、気圧・・・ちなみに充電式です。

あっ、バックライトもちゃんと付いてます。白くて見やすいです。


自転車専用って訳じゃないので、ちょっと変わった機能も付いてて、

歩数計と消費カロリー、エコ(CO2削減/樹林保護)なんてのも・・・


あと、GPSらしく現在地の緯度経度、目的地までの距離と方向とか、

地図はないんですが移動軌跡がでたり・・・パソコンに専用ソフトを入れると

ログ機能で地図に走ったルートなんかが出たりもします。


・・・長くなっちゃいましたが、一番は画面の見やすさでしょうか・・・

・・・その分、本体もちょっと大きめですケド・・・




・・・今回は見た目に変化が分かりそうな所を紹介してみたんですケド、

自分のイメージだと、クロスバーとサイコンは無い方が、

ブロンプトンらしい気もするんですよねー・・・どうでしょう?

【 BROMPTON M3L 】 ③ ~カスタムパーツ~ 


三たびブロンプトンです。

今度はカスタムパーツについてです。


そも購入店のサービスで、本体価格の一割分のオプションが無料で選べたのきっかけで

味をしめちゃったみたいです。


最初に選んだオプションパーツです。

まずは、輪行用のタイヤ、ベアリング入りの純正品。

DSC02842.jpg

最初から付いてるのは、ただのプラスチック製のヤツなので・・・

これは大きさとか厚みとかのサイズも工夫されてるみたいです。



次にシートピラーのエンドパーツ純正品。

DSC02994.jpg

これは折りたたみ時のあたり防止兼、輪行タイヤの転がり防止ストッパーにもなります。

DSC02998.jpg


地味ながら、配慮の利いたアイテムです。



あとはフロントキャリアブロック。

DSC03001.jpg


専用のバッグやキャリア等が簡単に脱着できるようにする為のアイテムです。


もう一個、フレーム部のレザーカバー。

DSC02850.jpg

レザーフレームガードって名前が付いてますが・・・おしゃれアイテムですね。


・・・あとは、一応・・・


ブロンプトンって普通はこう持つんですケド

DSC02852.jpg

サドルが持ち手になってます。


こーんな持ち方もできます。

DSC02854.jpg

ちょっと太いですケド、前後の重さのバランスはいいです。

サドルを交換した場合はこの辺持つみたいです。



カスタムパーツはもうちょっとあるので、

ちょこちょこアップしてきたいと思ってます。

【 BROMPTON M3L 】 ② ~折りたたみ~

再びブロンプトンです。

今回は変形・・いえ、折りたたみギミックについて、です。

動画はいろんなところで見れるみたいなので、あえて静止画で・・・


まずは走る時のスタイルです。

DSC02840.jpg

この自転車スタンドがついてません。

代わりに一段階折りたたみます。


軽く持ち上げるくらいでこうなります。

DSC02838.jpg

自立するので、この状態で駐輪できちゃいます。

オプションのスタンドもあるらしいんですが、とりあえずは必要ないです。


さらに折りたたむ為には、

フレーム部分のネジをくるくるっと3~4回転。

フレームとハンドル軸をくるっと折りたたみ・・・

DSC02836.jpg

もうこんな大きさに・・・

次に、サドルを下げて・・・

DSC02833.jpg

こんなカタチに・・・


ちなみにこの状態で、ハンドルを持ち手にすると

らく~にコロコロと転がして持ち運びできちゃいます。


あとはハンドル部分のネジをくるくるっと3~4回転・・・

DSC02832.jpg

こうなって、折りたたみ完了。

慣れると10~20秒くらいでできちゃいます。


数年前にTVで観たこのギミックに一目ぼれ・・・

クルクルってネジ回したり、ちょっとした手間や慣れが必要なトコロに

遊び心みたいなモノを感じちゃいます。


デザイン面でも、一見無骨で飾り気のないデザインに見える中にも

機能性を追求し、無駄を省いた美しさみたいな・・・


ちなみに、35年くらいの間改良改善されつつも、基本的な部分は変わっておらず

新旧のパーツのほとんどが流用できちゃうそうです。

【 BROMPTON M3L 】 ①

今度は自転車です。

ブロンプトンってゆー、イギリス製の折りたたみ自転車なんですけど、

メジャーなのかマイナーなのかはよく分かりません・・・

その中でもたぶん一番オーソドックスなモデル、M3Lです。

DSC02840.jpg

数年前にテレビでみて一目ぼれ、ずっと欲しかったんですが

必要にせまられたこともあり、思い切って購入しました。


確かTVではミニベロってジャンルで紹介されてました。

普通の自転車よりタイヤは小さいけど、ホイールベース(タイヤとタイヤの間の長さ)なんかが同じで

ペダルのこぎ感もほぼ同じ・・・


実はそのTVで紹介されてた店で買いました・・・通販になっちゃったケド・・・

試乗もできる店だったのでぜひ行きたかったんですが、予算の都合で仕方なく・・・

・・・だって高い自転車で予算ギリギリ、交通費も高くついちゃうんだもの・・・


ちなみに自転車って販売店に入ってくる時点では半完成品で

販売店で最終組み立て・調整をする・・・らしい・・・ので、

お店選びは重要だそう・・・です。



かなり高価な自転車なので、最低でも10年、できればそれ以上大事に乗ってきたいと思ってます。

メンテなんかも自分でできるようになりたくって勉強中です。


今の折りたたみ自転車ってどれも簡単にたためるようですが、

これもかなり簡単、しかもかなり小さくなります。

16インチのタイヤよりちょっと大きいくらい・・・

DSC02832.jpg



ただこのメーカー、耐久性なんかにもかなり力を入れてるらしくって、

重さの方は結構重めの12㎏くらいです。


パーツなんかも結構充実してるみたいなので、

ちょこちょこ付け足したり、交換したりしてあります。


おいおい紹介していきたいと思ってるんで、

お役に立てればいいんですケド・・・興味ある人いるかなぁ・・・

ご神体 【 Kurt Cobain 】


またしてもウチのご神体・・・カート・コバーン様です。

DSC02829.jpg

なかなかいい感じのフィギュ・・・ご神体で、アコギバージョンも売ってたんですケド、

2個は買えずに泣く泣くこのバージョンのみの購入。


これも、なかなか箱から出せずにはや数年・・・


ホコリの心配なくディスプレイできるケースとかが欲しくなります。


ちなみにコレクターって程じゃないし、数万円のフィギュ・・ご神体に手を出せる身分でもないので

ミュージシャン系のモノはまだ2体しかいらっしゃいません。


いっぱいそろえられる身分になってみたいものです・・・

MORRIS クリーニングクロス / MCC2

モーリスのクリーニングクロスです。

DSC02860.jpg

モーリスから発売されているモノなので、本来は楽器用のクロスです。

楽器屋さんに売ってます。

でもかなり万能に使えるので、今回は雑談のカテゴリを使っちゃいました。


このクロス、ベリーヌXとかってゆー素材らしく、かなり手触りがよろしいんです。

DSC02862.jpg


裏表があるようですが、拭く時に素材にもよさそうで、

楽器以外にもいろんなトコロに使っちゃってます。


楽器・テレビ・モニター・携帯・鏡・眼鏡・ショーケース・アクセサリー等など、

指紋や汚れ、ホコリがつきやすい所で、キズをつけたくない場所。


実は十数枚そろえて、いろんなトコで使ったり、人にあげたりしてます。


ちなみにサイズは30㎝×40㎝ほど、値段がそこそこリーズナブルで680~1000円前後くらい・・・

普通のクロスくらいの値段でしょうか?

いつも680円のトコでまとめ買いしてます。

もちろん洗って何度でも使えます。


このベリーヌXって素材、なんかいろんなトコロに使われてるようなので、

もっといい製品がないか探索中です。

【YAMAHA GLX-1 】 ~ギタレレ~


ヤマハのギタレレ GLX-1です。

DSC02823.jpg


近所の楽器屋さんで売れ残り錆ついてたのを安く譲ってもらったモノです。

ウクレレの音が出る、っていうか、ガット弦の小型ギターなんですケド、

これがなかなか小型で安価の割に造りがよく、

結構頑丈にできてて、旅のお供・・・持ち運びにに最適です・・・


ボディ鳴りはそれなりですが、逆にうるさすぎずに便利なシーンも

多いかと思います。


ギターとしてのサイズ感だけでいえば、子供用のギターとしても・・・




ちなみにこのモデル、ピックアップ内臓でアンプにもつなげます。

ウチの場合、それほど使用機会がある訳ではないので、

おまけ的な機能になっちゃってますが、

エンドピン部がジャックになっていたり、

DSC02827.jpg

GEINとTONEの調整ができたりと、きっちり作り込んであるモデルです。

DSC02826.jpg

SURE LOCK SLC

SURE LOCK SLC ・・・ストラップをエンドピンから外れ難くするグッズです。

DSC02872.jpg

DSC02871.jpg


この種のグッズで一番メジャーかつ信頼性高めなのはシャーラーのロックピンだと思いますが、

このシュアロックのメリットはギター本体にもストラップにもほぼ無加工で取り付けられちゃうトコロです。


ロックピン使用の場合、エンドピンの交換が必須、しかも交換後は通常のストラップ使用の場合

純正品より外れやすくなってしまいます。交換自体に抵抗のある人もいると思います。


シュアロックの取り外し自体は、ロックピンに比べると若干手間がかかるんですが、

ロックピンのような突起もないので、本体裏にエンドピンがあるタイプのギターにも使えます。

まー見た目は・・・どうでしょう?かっこいいデザインでは・・・んー


実際、ストラップに付けるとこんなカンジです。

DSC02865.jpg

かなり見にくくなっちゃいましたが、真ん中のストラップが裏付けエンドピン用で

シュアロックが逆向きに付いてます。


ちなみにこのストラップ、ひいきのメーカーで

Get'm Get'm ってゆーメーカーのモノです。

こーんなロゴが目印です。

DSC02867.jpg

アメリカのメーカーさんだそうです。

掃除をしてたらこんなモノが・・・

こんなのが出てきちゃいました。

どーん!
DSC02792.jpg

ちゃんと実在してたんですねー・・・トータスポット。


憶えてるヒトいるでしょうか?


みごとなデザインです・・・鼻からお湯が出てくるってゆー・・・


ウチでは一度も本来の使い方はしておりません。


家族にエライ不評なもので・・・


せっかく出てきても見えるところに置けないので、


置き場所検討中です。

おきにのカバン 2


ちょっと小さいサイズのカバンです。

DSC02816.jpg

DSC02814.jpg


実はコレ、オークションで新品キズありでお安く買ったモノです。


キズっていってもフツウに使ってれば付いちゃう程度のモノ・・・お得です。



カバンと値段につられて衝動買いしたので、

買ってから使い道考えて、

今はビデオカメラ専用になってます。

DSC02818.jpg


付属品がギリギリ入るサイズでちょうどいい・・・いや、ちょっと狭いかな?



カメラバッグにはまず無いデザインなので、

意外とおしゃれかも・・・どうでしょう?

おきにのカバン

ロックなカンジのカバンを探してて見つけました。

DSC02749.jpg

DSC02750.jpg

ロックってゆーかゴシックかもですねー。


もう数年使ってるので、だいぶ痛ん・・・味が出てきた・・・のかどうか・・・


豚皮製なんですが、補修とか手入れとかした方がいいのか、

このままの方がいい感じになるのか・・・迷ってます・・・



中身は仕切りとか一切ないので、量が入るぶん、ごっちゃごっちゃしちゃってます。

フリーエリアA













プロフィール

adamasmaster

Author:adamasmaster
アクセサリ・楽器・機材・DIY・等々、
趣味や実益からのレビューが
お役にたてればと思います

いろんなジャンルが詰まってるので
カテゴリからお好みで観て頂けると
観やすいかもです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセサリー販売
minne様サイトCROSS ARTZ 
iichi様サイトCROSS ARTZ
ランキング
フリーエリア














































上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。