スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベースアンプ 【 LINE6 LOW DOWN LD150 】

LINE6 の LOW DOWN LD150 ってヤツです。

DSC02781.jpg

急きょ、とあるバンドのお手伝いに入ることになったものの、

ベースアンプがなくって、思い切って自前で買っちゃったモノです。


そこそこ広いスペース何ヶ所かで演るってコトだったので、

少ない予算で、そこそこの出力が必要・・・


ほんとはアンペグが欲しかったんだケド、そんな予算もないし、

近くの楽器屋さんには、ベースアンプの在庫なんか当たり前のようになっすぃんぐ・・・


ネットで3~4種類の候補の中から、音も確かめずに急いで購入・・・

まー、ムチャでした・・・


とはいえ、さすがにメジャーなメーカーだけあって、値段の割に結構なスペックで、

音作りの幅も広い方かと・・・

エフェクターからチューナーまで付いてます。


ただ、ウチのだけなのか、この機種全部なのか分からないんですが、

内臓のエフェクトやアンプモデルによっては、所々の音域で音程に狂いがでます。

チューニングは合ってるのにアンプを通すと音がかなり狂う・・・


メーカーさんに問い合わせてみると、そういった例は初めてだそう・・・

やっぱり現物を確認しないとわからないそうで・・・

こういう時ネット購入は不便ですねぇ。

返品して戻ってくるまでの期間を考えるとライブに間に合わない・・・

・・・泣く泣くあきらめて、狂いの出ない設定を探して使いました・・・


面白い例だったので、調べてもらいたかったんですけどねー。

かなりの狂いが出るのでウチだけの不具合だとは思いますが、


購入をお考えの方は、一度試奏をおすすめします。

なかなかコスパに優れたいい機種だと思うので・・・




・・・今からでもメーカーさんに調べてもらおうかなー・・・ちょっとそんな気もしてます。
スポンサーサイト

ちいさくなる脚立 【 伸縮ハシゴ 】

ホームセンターなんかでも良く見る伸縮ハシゴ・・・

前からいいなーって思ってたら、いつの間にか脚立バージョンが出てました。

DSC02795.jpg


コレよコレ!って事で1円スタートのオークションに何回もチャレンジして買ってみました。


かなり安かったんで、ちょこっと心配だったんですが、

フェンス造った時に、かなーりハードに使ってみても・・・全然平気そうです。


脚立としてはちょっと長めの、最大189cm・・・結構安定感もあります。

伸ばしてハシゴにすると3.8mくらいになるそうです。


まだハシゴとして使った事はないんですが、

春になったら雨どいの修理に使ってみようかなーと・・・ちょっと高さたりないかも・・・


伸び縮みする割に、結構しっかりした作りで、その分重さがあります・・・12㎏くらい・・・

縮めた状態での大きさは66×21×86cmくらい・・・

・・・脚立としては異例のコンパクトさだと思うんですが、(家の中にも置けちゃう)

重さと相まって取り回しはちょこっと億劫かもデス。


メーカーによっても違うかもしれないんですケド、

伸ばした状態だと、しっかりロックで固定されるんですが、

縮めた状態だとロックされずに、本体付属のマジックテープを巻いて固定します。

持ち方によっては、持ち上げてる時、マジックテープが外れてドーンってなることも・・・

あっ、いえ、持ち方さえ気をつけてれば全然ダイジョブですよ。

たぶん縮んだ状態でロックされてると使いにくくなっちゃうんですね。



・・・マジックテープに代わる、なんかいい固定方法を模索中デス・・・

道具関係のカテゴリ作ってみました


趣味に仕事に、色々と小手先の作業が多いので

使う道具の種類も、増えたり減ったりしてます。


買ってきてそのまま使ったり、100均のモノで使い切ったり、

専用品として加工してみたり、手入れをしながら長く大事に使ったり、

祖父の代から譲り受けたり・・・と様々です。


愛着のある道具たちをちょこっと紹介してみようかなって思います。

続きを読む

ご神体 【 JOHN LENNON 】


ウチのご神体、ジョン・レノン様でいらっしゃいます。

DSC02755.jpg

なんか、楽器関係のレビューばっかり続いたんで、

たまにこんなの挟んでみますね。


ほんとはケースから出して、ちゃんと祀りあげたいんですが、

ホコリかぶっちゃうのがいやで、なかなか出せずにいます。


言わずと知れたジョン・レノン・・・

ちょっと前に、スーパーアリーナにあったミュージアムがなくなっちゃいましたね。

結局1度しか行けずに、あんまり貢献できなかったのが悔やまれます。


行ったのは、2000何年だったか・・年末で、ちょうどHappy Xmas (War Is Over)の手書きの譜面が

展示されてた時期で、4時間ほどかけてゆっくり廻りました。

それでも時間が足りなくって、もう一度来ようと思いつつも、結局行けずじまい・・・



・・・余計な話をしちゃいました・・・



・・・たまにこんな写真も上げてみようと思ってます。

ギタースタンド 【 ULTIMATE 】

ULTIMATE のスタンドです。

DSC02758.jpg


かなーり古いモデルで、10年以上前に購入。

当時からあんまり出回ってなかったので、輸入元のヤマハに直接問い合わせて、

そのまま3台購入しました。


デザインに惚れ込んで買ったんだケド、値段の割に造りはの方はそうでもなく

ほぼ樹脂製なので、折りたたみいっぱいしてると徐々に摩耗してきます。


あとネックを乗せる部分に、転倒防止に捕まえとく可動部分があるんですが、

ひとつ壊れちゃいました。


ボディを乗せる部分にはパッドが貼ってあって、これが堅過ぎず柔らか過ぎずで

ラッカー塗装もオッケーっていうなかなかのモノなんですケド・・・はがれてきちゃう。

まー、はがれます。

自分ですぐ直せちゃうからいーんですケド・・・直した方が丈夫ジョーブになるし。


ちなみに折りたたむとこんなカンジ

DSC02760.jpg


DSC02763.jpg

あんまり小さくなりません。


でも、なんだかんだ言ってものすごく気に入ってるデザインなので

いまだにメインで使ってる上に、中古で見つけると買い足したりもしてます。


ちなみに、このスタンドの木製バージョンが何種類か発売されてたんですが、

生産終了しちゃったみたいなので、在庫があるうちに買おうか迷ってます。

高いからなかなか手が出ないんですよねー。

譜面台 【 RAT JAZZ STAND 】

RAT stands の ジャズスタンドです。

DSC02775.jpg

かなりめずらしいタイプの譜面台で、3年ほど前までは国内で扱ってるお店が見つからず

オークションで手に入れました。


デザインに惚れ込んでやっとの思いで買ったんですケド、最近は割と普通に買えちゃうみたいです。


一番の特徴は、高さや角度の固定にネジ締めがないことでしょうか。

ある程度の力で引き延ばしたり、押し戻したりするんですが、

無段階で調整でき、重みで縮むような事もありません。


足もステーも頑丈なアルミ製で重さもあり(2.8㎏)、かなり安定するんですが

譜面を乗せる部分だけが柔らかめの樹脂製で、譜面以外の ~ 例えば重さのある機材等を乗せようとすると、

重みで角度が変わってしまいます。 ・・・そんな使い方普通しませんけど・・・


その部分の摩耗が心配だったんですケド、2台を3年ほど使ってみても全然問題なさそうです。

ちなみに譜面を押さえてくれる様なモノは、残念ながら付いてないデス。



重くてしっかりした譜面台ではあるんデスが、

こんな高さにして、座り込んで使ったり (譜面下高さ40cmくらい)

DSC02769.jpg


折りたたむとこんな感じになったりします。(51cm×38cm×5cm)

DSC02776.jpg

厚みが5~6cmでこんなカンジ・・・

DSC02778.jpg


そんなに小さくなるわけじゃないケド、不便な大きさではないかもデス。


ちなみに一番伸ばした状態の譜面下高さは120cm程・・・高いトコロで160cm近くまで伸びちゃいます。


・・・すっかりお気に入りデス。

チューナー【 KORG DT-4 】

コルグのクロマチックチューナー DT-4 です。

DSC02747.jpg


ラックマウントタイプの DTR-1 あたりのモデルをコンパクトにしたようなチューナーで、

使い方もほぼ同じです。


小さい割に見た目のインパクトがあり、チューニングの方法によって光り方が選べます。

よほどの精度を必要としない限りはこれで十分かと思います。


いちおうコンデンサーマイクがついてて、そのままでも音を拾えるらしいのですが、

ウチのはなんかいまいちなので、プラグインで使ってます。

小さめ軽めのサイズなので、細くて柔らかくて短めのシールドが使いやすいです。


単4電池2本使用なんですが、10分くらい音が入らないと

勝手に電源が落ちてくれるのもうれしい機能・・・



もう生産中止になってしまったみたいなので、

赤い照明でギター・ベース専用の GT-4 と合わせて買いだめしちゃいました。



メーカーサイトには載ってなかったスイッチ部分の画像です。

DSC02748.jpg

チューナー【 KORG DTR-1 / DTR-2000 】

コルグのチューナー DTR-1 と DTR-2000 です。

DSC02789-2.jpg

DSC02739.jpg


ラックマウントタイプなので、好みが分かれるトコだと思いますが、

実は結構好きなんです。


まず、見やすい・・・

コンパクトチューナーって持ち運びに便利なんで、

実際自分でも時々使ってるんですが、プラグインで使うと

シールドに引っ張られたりでちょっとだけ見難くなっちゃうんですよねー。


マウントタイプだと大きいんでシールドつなぎさえしちゃえば、

動かないし、数メートル離れててもバッチリ見えちゃいます。


家だと小さいチューナーよくなくしちゃうんです・・・

なので、家では贅沢に2部屋にマウントタイプを備え付けちゃってます。


ちなみに、DTR-1 と DTR-2000 の違いなんですケド、

普通にいろんな楽器のチューニングするだけの使用なので

実はあんまり違いには気付いてません・・・

精度的にはかなりのモノなので、

あと重要なのは、見た目のカッコよさでしょうか?



DTR-1 は赤と緑のソフトなLED照明、フロントパネルにシルバーのアルミが使われてます。


DTR-2000 は青と赤のちょっとまぶしい感じのLED照明で、各ボタン類も赤、

おまけで下方を照らす白LEDが付いてます。

フロントパネルは立体的(ちょっと出っ張ってる)艶のある黒のプラスチック的な材質で、

かなり傷がつきやすいです。


チューニングの方法によって3種類のLEDの光り方が選べるので

ステージに置いとくだけでも、ちょっと目を引カッコよさです。




・・・これだけ語って、なんなんですが、

実は、外では音叉でチューニングすることの方が多かったりします・・・

楽器の手入れのついでに・・・【OVATION SUPER ADAMAS 1687E】

DSC03096.jpg

写真をちょっと見て気が付かれるコアな方もいらっしゃるかもしれませんが、

ちょっとだけ変わり種のギターです。

まーたいした違いじゃないんですケド、指板がエボニ―なのとピックガードがない・・・


OVATION のスーパーアダマスです。指板の違いも、通常の物も硬い木(ウォルナット)のせいか、

それほどの音の違いもありません。


ほんとは通常のウォルナット指板の方が好みだったりします。


大きな特徴は、見た目と音です。


言わずと知れたラウンドバックボディにエポーレットのサウンドホール、

DSC03101.jpg

ヘッドとブリッジとバインディングの、やりすぎなくらいの彫刻。

DSC03099.jpg

DSC03100.jpg

カーボングラファイト2枚でバーチ(樺)を挟み込んでなお、通常の1/3程の厚みのトップと、

見た目の特徴は目白押しですが、

音の方も、生音の音量はかなりのものですが、それほどクセのある音ではないような気がします。

バーチが入ってるせいでしょうか?


アンプにつなぐと、いかにもOVATIONといった特徴的な音になります。


一番の特徴はトップの薄さによる表現力というか、音の強弱かと思います。

その点においては通常のアコースティックギターとは一線を画するほどかと・・・


あくまで個人的な意見ではありますが・・・


楽器の手入れのついでに・・・【Marshall AVT150H】

マーシャルの AVT150H っていうアンプです。

DSC02729.jpg

オールチューブではなく、ハイブリッドタイプです。

ギターアンプの王様マーシャルにあってのハイブリッドアンプなので

ぶっちゃけ、あんまり評価されないイメージがありますよねー。


その辺のイメージをどっかに置いといて、これはこれとして見てみると、

このアンプ、意外と悪くないんじゃないかな・と・・・


ハイブリッドっていっても色々あるみたいですが、

この機種の場合、プリ部にチューブが一本で、パワー部はトランジスタだそう。

そのせいか、オールチューブの場合、小音量だと歪みがいまいちだったりするところが、

小さい音でも結構鳴ってるような気がします。


大音量が出せなかったりする環境でもある程度マーシャルらしく使えるアンプ・・・な気がします。


しかも見ての通り、やたらとツマミが多いのは伊達じゃなく、好みの音作りもできちゃいます。

チャンネルが4つもあるんですが、クリーンのチャンネルがかなりのもので

十分以上に実用に耐えちゃいそう・・・な気がします。



ちなみにキャビネットは専用の AVT412 じゃなく、1960A を使ってます。

DSC02727.jpg

よく見るスタンダードなヤツで、高音と低音がシッカリした、

いわゆるドンシャリ系のキャビです。

セレッション製のスピーカーが4発入ってて、それを縦2列に分けてにステレオ出力での使用です。



おまけで、フットペダルの画像です。

DSC02883.jpg

おもにチャンネルの切り替えとエフェクターのオンオフですね。

楽器の手入れのついでに・・・【Ibanez SR-500】

今度はベース・・・Ibanez の SR-500 です。

DSC02705.jpg

もともと持ってたベースを友人への餞別にあげてしまったので

必要にせまられて買ったベースです。


値段の割に、見た目も中身も安っぽくない感じがします。

音の方・・・最近のアクティブっていいのがあるんですねー、

アクティブのいいとこ残して、パッシブに近いクセのない音が出る・・・ように思います。

ボディの鳴りも心地いいです。


普通にロングスケールですが、小さめ薄めのボディは取り回しやすいし、

ネックも細めで、普段ベースはあまりやらない人でも扱いやすいサイズです。


欠点という程ではないかもですが、ジャックの抜き差しがし難い・・・

特に抜きにくい・・・L字のジャックだとなんとか抜けるんですが、

・・・いや、ギターも抜け難かったし簡単に抜けないのはわざとなのかも・・・


それくらいで、欠点らしい欠点もない、

コスパに優れたいいベースかなって思います。

楽器の手入れのついでに・・・【GIBSON J-45】

ギブソンのJ-45・・・とりあえず一本持ってる人も多いギターでしょうか?

DSC02726.jpg

現行のモデルと同じピックガードが小さいタイプです・・・

・・・大きいほうが特長があって好みなんですケド・・

肩の丸みが特長の、やや大きめのアコースティックギターです。


アコースティックギターなんですけど、ちゃんとアンプにもつなげます。


残念ながらウチのは、何本か塗装のクラック(ひび)が入っちゃってます。

温室度にはかなり気を使ってるんですケド・・・運もあるんでしょうねー。

音に影響が出るほどではないし、手放す気もないので、たいして気にはしてないですケド、


音の方は、間違いない音ってカンジでしょうか? いい音です。

生音はもちろん、アンプにつなぐ場合でも、素直な感じの生音に近い音だと思います。

楽器の手入れのついでに・・・【FERNANDES ZO-3】

フェルナンデスのZO-3・・・ぞうさんです。

DSC02723.jpg


かなりメジャーなギターですよね。

いろんなバリエーションもあるんですケド、

こちらはノーマルで古いタイプで、現行のモデルと違いヘッドホン端子がないヤツです。


ショートスケールでブリッジも結構寄せてあるので、

小さくって持ち運びに便利です。

昔は車の中でもよく弾いてました。


長年使ってきた為か、電源のスイッチが壊れちゃったので、

純正のトグルスイッチを、押しボタン式のスイッチに交換しました。


実はウチにはもう一頭、黄色いぞうさんがいます。

スイッチの破損原因で嫁いできてたので、

同じく押しボタン式のスイッチに交換されています。


黄色いぞうさんは、甥っ子に貸してて、当分帰ってこないので、しばらくは家出中です。

ま・使わずしまっておくより使ってもらった方がいいので、歓迎ですケド。



値段の割にしっかりした造りで、大ヒットしたのがうなずける、いいギターだと思います。

楽器の手入れのついでに・・・【Ibanez JEM555】

IbanezのJEM555・・・

スティーブ・ヴァイ モデルの廉価版ですね。

DSC02717.jpg


廉価版とはいえ、上位機種のシステムが継承されていて、

ハムバッカ―のピックアップがハーフトーン時にシングルに切り替わります。

上位機種と比べさえしなければ、十分以上に使えるギターです。


いわゆるドンシャリ系の音も出ますが、ヴァイらしいギターインスト向けというか、

中音域あたりに強いカンジかと思います。


見た目的には廉価版らしく、ツリーオブライフが短くてちょっとカッコ悪いデス。

シグネイチャーモデルらしく24フレットには【STEAVE VAI】って入ってますが、

他人の名前が入ったギターを使うのにはちょっと抵抗が・・・



色々特徴のあるギターなので、長レビューしたくなってきたんですけど、

今回はさらっとレビューで・・・






・・・実はスティーブ・ヴァイって一番好きなアーティストなので、

そのうち熱く語りたいと思ってます・・・邪魔にならないトコで・・・

楽器の手入れのついでに・・・【YAMAHA SA2200】

ヤマハのSA2200・・・セミアコってヤツですね。

DSC02720.jpg

まだ現行のモデルみたいです。

買う時にギブソンのES-335なんかが頭をよぎったんですケド、

手近において使い倒したかったのでヤマハにしました。


これがなかなか侮れないヤツで、個人的には生音だとギブソンにも負けない程だと・・・

リビングですぐそばにおいてかなりの頻度で使ってて、

湿度温度もあんまり気にせず、ハードに耐えてくれてる愛いヤツです。


生音量がアコギより小さく、エレキより大きく・・・

アパートなんかの人にもいいかもしれませんね。


プラグインで使う時の特長としては、フロントとリアのトーンつまみが

バイサウンド・スイッチになっていて、ピックアップがシングルとハムに切り替わります。

個人的にはかなり使える機能です。


音質とはあんまり関係ないトコだと、ゴールドパーツに虎目のトップ&バック、

エボニーの指板等、高級感もあったりします。




こちらも今回はさらっとレビューで・・・





・・・そのうち気持が乗ってきちゃったら、熱く語っちゃうかもデス。

楽器の手入れのついでに・・・【GIBSON Les Paul Studio】

知らず知らずにたまってきてしまった楽器達ですが、

使えば当然、使わなくても手入れが必要になってきます。

あんまり出番のない楽器でも年に1~2回の手入れをしてるので、

ついでに写真に収めてみました。

まー、ただの自己満足でアップしてみようかな・と・・・


まずは、GIBSON の Les Paul Studioです。

DSC02709.jpg


雑な言い方をすると、レスポールスタンダードの廉価版的に見られてるイメージでしょうか?

バインディング(縁取りのようなもの?)がされてない以外はスタンダードと同じらしいんですが、

ウチのスタンダードとは結構音が違います。


決して悪い音ではないし、バインディングがない黒のボディに

クロームのパーツの見た目も気に入ってるので結構使ってます。


・・・今回はさらっとレビューで・・・


・・・そのうち詳しく書くかもデス。

ウチのお雛様

ひなまつりの時期なので、ウチにも登場してきました。

DSC02076-2.jpg


地元福島県では最大手、東月のお雛さま。

色々とオリジナリティを打ち出してるメーカーさんで、かなり気に入ってます。


一番大きな特徴は、三段飾りなのにメンバーが十人も揃っちゃってるトコロでしょうか。

東月のオリジナルだそう・・・三段目の奥行きが広めにとってあります。


他にもちょっとしたスペック?で、防湿防虫の炭胴だったり、

西陣の織物だったり、漆に金蒔絵の屏風だったり、家紋が入ってたり・・・

DSC02071-2.jpg


色々とメーカーさんの売りがあるみたいなんですケド、

購入のきっかけとなったところを挙げると・・・


・・・素人目に見た中では一番造りがよく見えた・・・これは当然ですね・・・


一番は、メーカー直営の店舗に行くと、東日本最大級の品揃えを謳ってるだけある、

沢山の人形や飾りの中から、好き放題選び放題で自分好みにセットアップできちゃうトコロです。

スタッフさんが2名、長時間つきっきりで選ばせてくれました。

いやな顔一つせず、色々持ってきたり、出してきたりして、何度も合わせて見繕ってくれます。


実際、お雛様とお内裏様はメーカーの方では親王飾り(二人のみ飾りのセット)

としてセットアップしてあったところからスカウトしてお連れしてきました。


写真分かり難くなっちゃいましたが、元・親王飾りらしく着物の後ろ裾がかなり長くて

ちょっとスペース取りに苦労します・・・出すのがめんどくなったら親王飾りのみでもイケるかも・・・

DSC_0024.jpg


メーカー直なので値段なんかあってないようなものなのかもしれないケド、

結構高いの選んでも、セットの値段を上げずに頑張ってくれるスタッフさんもいました。


ただ橘と桜が・・・安っぽい・・・雪洞だけなぜか梅柄・・・

この辺は、お任せだったので最近までまったく気付きませんでした・・・

もっといいのを探し中です。



安さを競うメーカーでないのは確かですが、

ちょっと頑張った予算の中で選ぶなら、かなりお得な方かなと思ってます。



・・・いえ、まったくの素人なので、タダの自己満足度高いだけのオハナシデス・・・



毎年防虫剤を買う名目で、わざわざメーカーの店舗まで行って色々見せてもらってます。

指抜き

自分で作ったヤツじゃないんですケド、

いい感じの作っちゃう人いるのでアップさせてもらいました。

指抜きです。

DSC02675.jpg
DSC02674.jpg
DSC02673.jpg

本を見ながらの独学だそうです。


一本一本の手縫い・・・気が遠くなりそう・・・


他にも色々とバリエーションがあるんですが、

指抜き以外もあったりします。


オリジナルの品もあるので別の機会にでも紹介できたらと思います。

天然石 【ヘマタイト】

DSC02620.jpg



ヘマタイト 

和名 【 赤鉄鉱 】 

組成 : Fe2O3 

モース硬度 : 5 ~ 6.5

宝石言葉 【 密かに燃える思い・勝ち取る・快活・自己認識 】


~持ち主に自信と勇気を与え、目標達成へと導いてくれるといわれています。

また、身に着ける人の血液に力を与えるエネルギーを持ちます。

赤血球の働きを活性化し、全身への酸素供給量が高まる事から、

運動能力を高める効果や肉体労働での持久力を高める効果を持ちます。

ヘマタイトのエネルギー的特性として、持つ人の意思の力を強め

勝負強さを発揮する助けとなることがあげられます。

過酷な運命やトレーニングに負けない精神的強さを養う石でもあり

経営者やスポーツ選手などにオススメの石です。~



酸化鉄の鉱物だそうで、金属的で深みのある暗めのシルバーが印象的な石です。

天然石 【アラゴナイト】

DSC02616.jpg



アラゴナイト

和名 【 霰石 】

組成 : Ca[CO3]

モース硬度 : 3.5~4

宝石言葉 【 母性 】


~「なごみの石」ともいわれる通りアラゴナイトは、ヒーリング効果が高く、

ストレスによる心身の不調や心の疲れを取り除いて、リラックスした状態にしてくれるとされています。

そうして自己を解き放って、精神的に自由になれるよう導いてくれるのだそうです。

また、物事を明るくプラス思考に考えられるようになり、前向きに行動できるよう導いてくれるため、

人生の楽しみ方を教えてくれるともいわれています。

失敗したり、うまくいかなかった時には、失った自信や傷付いた自尊心を回復させてくれるのだとか。


社交性を高めたい時にもおすすめです。

感情の波を穏やかに保ち、思いやりの気持ちや愛情を高めて、

人とのコミュニケーションを円満に行えるようにしてくれるのだそうです。

また、アラゴナイトの温かな波動が、持ち主に明るく穏やかな雰囲気をもたらすため

周囲の人から好かれるようになるともいわれます。


柔軟性や忍耐力を与えて、集中力を高め、自分の能力を十分に発揮できるよう導いてくれるともいわれています。

大きく持った目標に向かって、突き進む勇気を与えてくれるとされているので、

何か成し遂げたいことがある方には、一歩一歩着実に前進していくための手助けとなってくれることでしょう。


また最近では、風水で黄色は金運の色とされていることから、

黄色いアラゴナイトは金運の石としても人気があります。


肉体的には、頭髪や皮膚の不調を改善して、粘膜組織の再生を促す働きがあるとされています。

また、カルシウムの代謝を整え、筋肉の活動を助けて、免疫システムや内臓の働きを強化したり、

体力不足を改善してくれるともいわれています。~



ほのかな黄色が印象的な綺麗な石です。

天然石 【ターコイズ 】


DSC02609.jpg


ターコイズ

和名 【 トルコ石 】

分類 : リン酸塩鉱物

組成 : CuAl6(PO4)4(OH)8・4H2O

モース硬度 : 5.5-7

ターコイズの宝石言葉 【 沈着冷静・先見の明・強運・開放・社交性・冒険心・自由・穏やかな心 】


~ターコイズは、水色の宝石で社交性を高めたり、心を開く助けとなるなど、

ポジティブな心の持ち方をサポートしてくれると考えられています。

またターコイズの結晶構造は、不信、罪悪感、すぐ謝ってしまうなどのマイナス感情をとり除き、

感情的安定を促す波動を生むといわれています。

そのため人間関係の無用なトラブルを回避し、

幸福や安全を呼び込むパワーがあるとされる宝石です。~



練り加工- 天然ターコイズを砕いて充填加工した物がほとんどのようですが、

石の効果は変わらないそうです。

水色が鮮やかで印象深い綺麗な石です。

天然石 【ラピスラズリ】

 
DSC02615.jpg


ラピスラズリ

和名 【 瑠璃 】 

モース硬度 : 5 ~ 5.5
 
組成 : (NaCa)7-8(Al,Si)12(O,S)24 〔(SO4),Cl2,(OH)2〕

宝石言葉 【 成功の保証・幸運・真実・健康・愛と平和 】


~幸運を招く石といわれ、邪気を退け正しい判断力を高め、最高の幸運を呼び寄せてくれるとされる最古のパワーストーンです。

運が落ちていると感じたとき、進むべき道に迷いが生じたときなどに身につけるとよいでしょう。

目先の結果にこだわらず、持ち主にとって正しい方向へ導いてくれるでしょう。

ラピスラズリは、世界で最初にパワーストーンとして認識された石といわれています。


美しい群青色は夜空を、散りばめられた金色は星を意味し、天を象徴する石として崇められていました。

世界各地の神話にもよく登場します。

内なるビジョンと先見の明をもたらし、創造力や直感力を高め、眠っている才能を引き出してくれるでしょう。


人生の知恵を授けるとされるラピスラズリ。たとえば、これまでよしとしていた考え方が、

自分の成長を支えるだけの効力を失ってしまったとき、古い考え方を取り去り、

より高いレベルへ成長できるように知性を磨いてくれるといいます。


直感力を高め、納得のいかない現状を改善する効果もあるといわれています。

また、疲れていたり、気力がないときに身につけることで、

生き生きとしたエネルギーをチャージしてくれるでしょう。


あらゆる強運を呼び寄せるラピスラズリは、持ち主に災いが迫っているときや健康を害しているとき、

色を曇らせて知らせる効果があるといわれています。~



9月と12月の誕生石にもなっている、深みのある青に金が差した綺麗な石です。

自分用のアクセにもかなり使ってる、お気に入りです。

天然石 【タイガーズアイ】

DSC02618.jpg


タイガーズアイ

和名 【 虎目石 】

分類 : ケイ酸塩鉱物

組成 : SiO2

モース硬度 : 7

宝石言葉 【 集中力・健康・社交性・人間関係・直感力・金運 】


~タイガーズアイは興奮状態を抑え、広い視野と洞察力、判断力、集中力を高め

目先の損得にとらわれず何が本当に必要かを見抜き、お金に結びつく運を

見極める能力を与えます。決断力、行動力を高め、勇気と自信を強めるため

商談や交渉なども成功に導き、仕事運や金運が上昇させます。~



奥行きのある虎目の縞が綺麗な石です。

天然石 【オニキス】

DSC02619.jpg

オニキス

和名 【 黒瑪瑙 】

組成 : SiO2

モース硬度 : 7

宝石言葉 【 意志の強さ・冷静さ・喜び・勉強・達成能力・調和・柔軟・目的意識・完璧さ・集中力・運動能力 】


~オニキスは、黒い宝石でたくさんのエネルギーを集め、精神力を高めると同時に

柔軟な考え方をするような働きがあると考えられています。

また強い欲望に惑わされないようになるパワーがあり、そのため冷静さ、

意志の強さを引き出すとされる宝石がオニキスです。

受験などにも強い味方となり知性や理解力を高める宝石として人気があります。~



漆黒の石です。

和名がメノウで組成が水晶と同じだったんですね。

天然石 【レッドアゲート 】

DSC02608.jpg



レッドアゲート

和名 【 赤瑪瑙 】

組成 : SiO2

モース硬度 :7

宝石言葉 【 成功・勇気・情熱 】


~メノウは勇気を高め、金運、成功運、仕事運などの強い味方となる宝石として

人気があります。また行動力や勇気を身につけることで

不幸や失敗を寄せ付けないパワーがある宝石とされています。

赤瑪瑙(赤メノウ)は、大切な人への思いやりやつながりを深め、

愛情と安らぎ、家庭円満や健康・長寿、子宝をもたらすといわれています。~



ちょっと暗めの深みのある赤い石です。


ブックマーカー2本タイプで、薄いピンクのローズクォーツとの組み合わせでの使用が

気に入っています・・・如何でしょうか?

DSC02449.jpg

天然石 【スモーキークォーツ】



DSC02621.jpg


スモーキークォーツ 

和名 【 煙水晶 】 

組成 : SiO2 

モース硬度 : 7

宝石言葉 【 責任感・くじけない心・素直・安眠 】


~スモーキークォーツは、水晶グループの中で最も身体と大地とのエネルギーを繋げる力に適した石です。

心身を安定させ、持ち主の精神を安定した方向へ導き、恐怖や不安を解消するのに役立ちます。

他人の悪想念や、霊的、環境的マイナスエネルギーから持ち主を守る石で、

邪気払いのお守りとしてもオススメ です。

眠っていた潜在能力や直感力を引き出し、インスピレーションや発想力を開花させるとされます。

自分を律して目標を達成する必要があるときにおすすめです。

目標を達成するまで、忍耐強く努力を重ねるよう促してくれるでしょう。

身につけることで、ひらめきを与え、成功への土台を築くようにサポートしてくれるはずです。

また、透明な水晶は、エネルギーを拡大させる効果があるとされますが、

反対にエネルギーを集中させる効果をもつといわれています。

心をしずめ、思考に集中させることで、感性が研ぎ澄まされ、

直感力やインスピレーションがもたらされるでしょう。

その結果、冷静な判断力が養われ、あらゆる場面で能力を発揮したり、

理想を現実化することができるようなるといわれています。~



実はこの石、手に入れたばかりで、まだアクセに組み込んでなかったりしてます。

名前の通り、煙のように深い半透明の、薄く茶色がかった綺麗な石です。

天然石 【アメジスト】

DSC02613.jpg


アメジスト

和名 【 紫水晶 】

分類 : 酸化鉱物

組成 : SiO2

モース硬度 : 7

宝石言葉 【 決断力・愛情・集中力・調和・第六感・献身・冷静・覚醒・精神力・豊かな感受性 】


~アメジストは、紫色の宝石で、献身的な心を開放する力を高めると考えられています。

結晶構造による波動から感受性を高める働きがあるといわれています。

そのため邪気や誤まった情報に惑わされず、

冷静な決断力を得ることができる助けとされる宝石で、

恋愛に必要な判断力や勇気、真心といった

パワーを与える宝石として人気があります。~



こちらも言わずと知れたメジャーな石。

神秘的な深い紫色の石です。

天然石 【クリスタル】

DSC02614.jpg


クリスタル

和名 【 水晶 】

分類 : 酸化鉱物

組成 : SiO2

モース硬度 : 7

宝石言葉 【 健康・能力・明晰・完璧・宇宙的意識・感受性・沈着冷静・豊かな感受性 】


~クリスタルの持つ三方晶系の結晶構造は心の働きを高め感情的な心を

コントロールする波動を生むといわれています。

人間の持つあらゆる能力をアップさせ愛と感謝あふれる幸せを

呼び込む宝石として人気のある宝石です。~



言わずと知れたメジャーどころ・・・透明で綺麗な石です。

天然石 【アベンチュリン】


DSC02612.jpg


アベンチュリン

和名 【 砂金石・砂金水晶 】

組成 : SiO2

モース硬度 : 7

宝石言葉 【 感情バランス・心の安定・素直さ・優しさ 】


~グリーンアベンチュリンの持つグリーンの深みある宝石色は、

希望や新しい始まりを意味し心の平和や順応性をもたらすと考えられています。

感情バランスを保ち、持つ人の心を明るくさせ、

魅力を引き出すのに役立つとされる宝石です。~



組成をみると水晶の一種のようです。

うすく緑がかった綺麗な石です。

天然石 【ローズクォーツ】


石の情報ってかなり出揃っているので、今更って感じかもしれませんが

一応、CROSS ARTSでも数種扱っているので、紹介します。


DSC02611.jpg


ローズクォーツ

和名  【 紅水晶 】

分類 : 酸化鉱物

組成 : SiO2

モース硬度 : 7

宝石言葉 【 恋愛・優しさ・情緒・繊細・愛情・美・調和 】


~ローズクォーツは、ピンク色の宝石で、愛情や優しさを促し、

思いやりや調和といった感性を高めると考えられている宝石です。

特に恋愛面で効果があるとされ、互いの愛情を強くし、

持つ人の魅力を高めるといわれています。

健康的なセクシャリティを引き出し、魅力豊かにすることで

女性を守る宝石としてローズクォーツは人気があります。~



組成をみると水晶の一種のようです。

写真では分かりにくいですが、薄くピンクがかった綺麗な石です。

フリーエリアA













プロフィール

adamasmaster

Author:adamasmaster
アクセサリ・楽器・機材・DIY・等々、
趣味や実益からのレビューが
お役にたてればと思います

いろんなジャンルが詰まってるので
カテゴリからお好みで観て頂けると
観やすいかもです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセサリー販売
minne様サイトCROSS ARTZ 
iichi様サイトCROSS ARTZ
ランキング
フリーエリア














































上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。