スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地ならし

ここ最近の週末は土いじりばっかりやってる気がする・・・

今回も炎天下の中やっとりました。

見た目が、ものっすっごい地味な地ならし・・・

DSC03495.jpg

・・・絵的にはこんなカンジですが、このくらいの範囲均すのに2時間以上かかっちゃってます。

砂利をどかして・・地面削って均して・・・砂利をもどす・・・それだけ。気が遠くなっちゃいます。



スポンサーサイト

ついに業者さんに依頼

DIYコンクリート施工するにあたり、高さをイイ感じにしようと思うと

思いのほか手間がかかることが分かり、やむなく知り合いの業者さんに依頼・・・

たった一日で終わらせていった経緯をダイジェストにしてみます。


まず、予定より大きいショベルが・・・
DSC03402.jpg
でけー・・・土砂を運ぶトラックも10t車でした。

あっという間に砂利をどかして
DSC03405.jpg
ひとかきで手作業数時間分くらいかも・・・


こーんな感じに均しました。
DSC03404.jpg
目分量でだいじょうぶそー・・・と思ってました・・・

ショベルの作業が丁寧で精密・・・
DSC03410.jpg
ショベルでかいてトラックに積んで捨て場に・・・
DSC03417.jpg
ところどころを手作業で整えて・・・
DSC03431.jpg
今後出る土砂分多めに削ってもらった場所です。

DSC03428.jpg
砕石を敷くとこんなカンジ・・・


ほぼ丸一日で終わりました。

ちなみに10tトラックで4回も土砂を捨てに行ってもらっちゃいました・・・かなりの量。


目分量でイイ感じの仕上がりっ、とか思ってて

後はかるーく手作業で均せばいいか、くらいに話してたんですケド・・・

久々DIY

だいーぶサボってしまいましたが、急遽DIYやってました。


今回はかなーり大がかりなDIYで、駐車場のコンクリート打ちです。


身近に素人ながら何度かやってる人がいて、ウチのも夏前ならやってもらえそうって事で

大急ぎで準備をしてました。


で、コンクリ打ち前にしておかなきゃならないコトってのが意外と多くって、

正直慌てふためいちゃってますよぅ・・・


ウチの場合は主に地ならしとフェンス支柱建てなんですケド、

まず地ならしっていっても、コンクリ打つ厚み分の調整の為に地面を下げたり、

砕石入れて転圧したり、勾配つけたり、花壇を移動したり・・・

あと、フェンスの支柱が20本近く埋めなくちゃだったり・・・

それらの構想から急遽練ってかなきゃ・・・って、夏前にできるのかなー?


ちなみにbefore、こんなカンジです。

DSC03204.jpg

途中から勾配がつくのと

フェンス造りで出た土砂が結構あります。

土砂の処分にかなりの費用がかかる事が分かっていたので

今回、地面を下げるのと土砂の処分、あと砕石入れるとこまで業者さんに依頼・・・初のDIY挫折です。

今後出る土砂の処分代が惜しいので、部分的に多めに地面を削ってもらいます。

DSC03421-2.jpg

DSC03434-2.jpg

結構でっかいユンボが来たのと、ショベル操作の精密さにびっくりしました。


知り合いの業者さんに頼んだんですが、細かい配慮(整理整頓・養生・段取り・指示系統・手直し・etc・・・)

が行き届いたいい業者さんだったので、リピートしちゃうかもです。



コンクリ打ちは初めてなので、後から修正できるように

おまかせで大まかに感じにやってもらいました。




・・・後から修正の苦労を知る由もなく・・・

単管パイプでフェンスDIYしました  3

このままでもいいのですが、見た目とサビ防止を兼ねて塗装します。

単管パイプはもともとサビ止めのメッキがあるみたいですが、これのせいで塗料が塗りにくいそうです。
そこでジンクコートっていう、サビ止めと塗料がつきやすくする効果のあるモノを使います。
スプレータイプだし、無くてもよさそうなモノなので、ちょっともったいないような気はしてます・・・

DSC02577.jpg


これは数分ですぐ乾くので、すぐに塗装できちゃいます。


水性のペンキが使いやすいです。
最近まで知らなかったけど、水性って乾くと水に溶けなくなるんですね。

水で薄めるので、ハケ洗いとかも楽だし、
最近の水性ペンキは塗料としても良くなってきてるらしいです。

DSC02575.jpg


塗り始めてみると・・・単管パイプって結構面積あるんですねー、慣れてないせいか意外と時間かかりました。
2度塗りで6時間程・・・

やっぱり、上手に塗るにはコツがいりそう・・・薄めに二度塗りが良さそうです。

DSC02125.jpg


フェンスの取り付けにもかなり工夫が必要です・・・
既製品じゃないので、もちろんそのままじゃくっつきません。

DSC02109.jpg


取付け方・・・なんと、取り付ける直前まで決まらなかったんです・・・超・行き当たりばったりです。
パイプに乗せてみたりしながら考えて・・・フェンス側を加工することにしました。
ドリルとルーター、ヤスリなんかを使って加工します。


なんとかうまく行きそうなので、地味にフェンスを加工していきます。
地味に5時間くらい作業してたみたいですが・・・


ここからはフェンスの組み付け作業・・・たぶん一番楽しい作業です。
今までの苦労が報われるカンジがする・・・
・・・それもそのはず、足掛け半年程かかりました。
業者さんなら数日でやっちゃうような作業に、半年・・・

DSC02131.jpg

でも人件費はもちろんタダ、支払いも一括でそろえる必要がないので楽です。


ちなみに、かかった費用は一番安かった見積もりの約1/3強程。


見た目は・・・もちろんオリジナルなので、オンリーワンだし
強度も・・・単管パイプの太さに見合った、なかなかのモノに・・・

後々違ったデザインにすることもできそうです。

DSC02138.jpg

DSCN0009.jpg


今回使った部材です。


単管パイプ
1.5m×10
2m×11
2.5m×2
5m×5


単管パイプジョイント【かん太】
T字×10
X字×9
Y字×1
K字×1
L字×1
木材止ベース金具×13


アルミフェンス縦80㎝×横200センチ×12


重量ブロック×26


インスタントセメント20㎏×4


ジンクコートスプレー×2


水性ペンキ 1.6ℓ×1

テーマ : DIY
ジャンル : 趣味・実用

単管パイプでフェンスDIYしました 2

設計図っていうか、だいたいのイメージができたので・・・
早速行動してみます。
まずは材料を購入(いちおーお試し分だけ)、通販なので届くまでの間に・・・穴掘りっ!

初穴掘り・・・思ってたよりはるかに重労働・・・なめてました・・・うちの土地埋め立てなのですが
あんまりちゃんとやってなかったみたいで、ほぼ粘土質のうえ石だらけ、なんとゴミまででてきちゃった!
60㎝くらいを掘るんですが、最初の一箇所3時間強かかってしまった・・・


次に掘った穴の中に土台を作ります。
砕石を敷いて固めます。ずれたり沈んだりし難くなるみたいです。

固めつつブロックを積んでみて、高さと倒れ(垂直度?)を調整していきます・・・かなり神経使います。

整ったらブロックを固定しますが、これにはコンクリートが必要・・・
もちろん扱った事なんかないので、実家から親御様がきてくれました。


コンクリートって、セメントに砂利と砂を混ぜ合わせて使うらしいのですが、結構大変な作業らしいいんです。

とりあえず近所のホームセンターに行ってみると・・・インスタントセメントっていうのが、かなりお安く売っているですよ!
最初から材料が混ざってて、水を入れて混ぜれば、すぐ使えるヤツです。
しかも計算すると普通のセメント買うのとそんなには変わらないお値段・・・


とりあえず水を混ぜます・・・対比は目分量!? いいの? 気温とかによって分量変わったりするから
気温とかによって分量変わったりするから感覚で覚えるくらいで十分だそうです。・・・
・・・実際計ってみると、目分量でも結構正確になってました。


これを濡らしておいたブロックに入れていきます。
ある程度濡らしておかないと、うまくくっつかないそうです。

フェンスの支柱を差し込んでおくので固定する必要なし。意外と簡単!
24時間で固まるらしいのでそれまで放置・・・


次の日見てみると・・・ちゃんとできてる!しかも強い!めいっぱい力掛けても壊れない!


ここで材料の購入決定!全部揃えちゃいます。


穴掘りもコンクリも慣れてきてこんな感じになりました。span>DSC02082.jpg
DSC02086.jpg


フリーエリアA













プロフィール

adamasmaster

Author:adamasmaster
アクセサリ・楽器・機材・DIY・等々、
趣味や実益からのレビューが
お役にたてればと思います

いろんなジャンルが詰まってるので
カテゴリからお好みで観て頂けると
観やすいかもです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセサリー販売
minne様サイトCROSS ARTZ 
iichi様サイトCROSS ARTZ
ランキング
フリーエリア














































上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。